きいろぐみ
プロフィール

ブッタ。

Author:ブッタ。
エンジンの付いた乗り物と、旅行が大好き。
嫁のちょ。と、息子の社長と、黄色いカングーと黄色いモンキーを飼育してます。このたび、黄色くない仲間が増えました。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


フリーエリア

きいろぐみはモンゴリパークに参加しています。


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


RSSフィード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンキー購入記 ③
私に待ち受けていたものは・・・・・


私には小学校一年からのマブダチがおりまして、
その彼のお父さんがお医者で、開業されております。
当然、私のことも知っている訳です。


「センセー、どーも。」


「オウ、ブッタ。血すーたろーか?」


「よろしくです。」


糖尿病もちの私、たまに血液検査をしております。
しかし、ここ何年も数値は普通の人でした。
完璧に油断をしておりました・・・
数日後、緊急電(携帯電話)が先生から入ります。


「おーいブッタくぅーん。君の血、大変やがなー。
すぐきんしゃーい。」


仕事が終わってすぐに病院に行きますと、
結果は、明日の朝一紹介状持ってすぐに大きい
病院に行けとの指令でした。


「とほほー」


大きい病院にて診察を受けます。
先生は女の方でした。


「血液検査の結果次第ではこのまま入院していただきます。」


「女の人から泊まって行けなんて、初めて言われた・・・。
照れちゃうなぁ。でも、病院だしなぁ。」


結果は、明日の朝一からにまけてやるとの内容でした。
入院期間は8日間。
しかも、タイミング悪く都合よく明後日からは夏休みです。
有給は2日だけ2日しか使わずにすみます。
退院の翌日一日が唯一の夏休みとなります。ちょぇーっ


こうして。モンキーなどと言ってる場合じゃ無くなりました。
その後、入院中にモトヤ君が紹介してくれた中古のゴリラは
売れたとの連絡をもらうことになるのです。


入院中、嫁が
「ねーだんな、何かほしい?」


「モンキーか、ゴリラ。」


「己は、階段も歩いたらあかんほど体悪いのにナニぬかしますかー」


「じゃ、モンキーゴリラの載っている雑誌。」


「・・・・」


こうして、入院中の心の慰めは、モンキークルージンと
アルプスの少女ハイジのDVDとなりました。
看護婦さんからはえらく好評でしたw  


つづく。・・・・てか、文才ないナァ。オワラネェ。
スポンサーサイト

テーマ:こんなの買っちゃいました - ジャンル:車・バイク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kimonkey.blog49.fc2.com/tb.php/5-471e91d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。